PMFに漕ぎ着けるまで

<<この記事は執筆中です>>

リリース時点でいきなりPMFという事例はごくわずか

PMFの前に、そもそもPSFできているかをユーザーインタビューなどで調査し改善していく

・PMFというよりも、そもそもマーケットがなかった 新規事業の落とし穴として、半数近くの事業が「ニーズがなかった」という理由で頓挫している

PMFに漕ぎ着けるまで(ユーザー数の成長スピードが手に負えないほどになる)には

ひたすらインタビューし改善し続ける必要があるけど、 新規事業の創出でこれをやるには ・リリース時点

改善期間が必要。

よくある自転車→バイクの画像の例がそうだけど、まず最初は本当に小さくリリースして様子を見る必要がある。一方で、大企業という性質上、一度リリースしたら責任が伴うという問題がある。

対処案としては、

・ペルソナに近い顧客からアプローチし、手厚くサポートしながら様子を見る

・PMF以前の段階(PSF=顧客の課題を満足させていること)を指標にする。PMFの数字はそもそも視野に入れない

・人数は少なくてもいいので、「欲しいかも」ではなく「喉から手が出るほどほしい」と言われるようになる

"nice to haveではなくmust to haveを目指せ、という言い方がされますよね。「ないよりもあった方がいい」と「なかったら困る、なくなったら嫌だ」の差分は、想像以上に大きいものです。1,000人に好かれるプロダクトよりも、100人、10人に愛されるプロダクトになるように磨きこむ。そうすると、Promotionなしでも口コミで勝手に広がっていくようになります。"

事業成長の流れは

PSF(Problem Solution Fit)→PMF→GTM(Go To Market)→Growth

PMFに向けた成長シナリオを描くには、まずPSFが必要。

プロブレムソリューションフィット(Problem/Solution Fit)とは、顧客が抱える問題や課題を解決する製品(プロダクト、サービス)を提供している状態のこと。

顧客の課題を特定し、それを解決しうるソリューションを見いだした後、MVPを製作、リリースして、顧客に受け入れられるかを検証していく。それを繰り返して、製品が顧客の課題を解決しているPSFの状態を作っていく。

https://markezine.jp/article/detail/35846

PMF以前はユーザー数が少ないので、データを見るよりユーザーを見たほうが良い。1→10からはデータを見る。

企業が大きいと、見込み顧客の獲得ができてしまう →セキュリティ要件も厳しくなりがち問題

PSFの達成基準

https://relic.co.jp/battery/articles/20985#PSF

PMFの達成基準

1.顧客は提供価値に満足をしているか? →PMFSurveyやNPS、満足度調査、チャーンレートなどで判断

2.十分な数の見込み顧客にリーチするチャネルが開けているか? →CACがLTVに対して十分低く抑えられているかで判断